REEDへのお問合せ

REEDへのお問合せ

お問合せ頂く前にご確認下さい

REEDでご回答させて頂ける内容は、「お渡しした教材の内容について」「KENSHIRO-225ソフトの使い方について」「講座版KENSHIROにて検証した結果に対する質問」に限ります。

正規版KENSHIROで検証した内容に関するサポートは
一切行っておりませんが、助言業に抵触しない範囲で、今後の運用にご参考頂ける考え方について、
動画やメールにてご紹介させて頂いています。

REEDでご回答させて頂ける内容は、
「お渡しした教材の内容について」
「KENSHIRO-225ソフトの使い方について」
「講座版KENSHIROにて検証した結果に対する質問」
に限ります。

正規版KENSHIROで検証した内容に関するサポートは一切行っておりませんが、助言業に抵触しない範囲で、今後の運用にご参考頂ける考え方について、動画やメールにてご紹介させて頂いています。

■投資助言に抵触しないための弊社の方針について

スーパートレーディングスクールREED(以下、REED)では、『教材の購入者へ、【未来について】の弊社からの売買指示を提供(=投資助言)してもらえる』と解釈されることを避けるため、以下の2点を徹底しております。

① REEDが販売している教材は、「[傾向が変わらない程度に改変したデータ]によるソフト(名称 KEHSHIRO-225講座用)の検証結果をもとにして完成させた売買ロジック」及び「その売買ロジックの構築方法についての教材」を提供しています。

② REEDが販売している教材(上記①)の購入者が、KEHSHIRO-225を含むトレーディング関連のソフトを利用するにあたり、 「売買ロジックの詳細な数値・条件設定について教えること」及び「その設定と、特定の設定と比較・調査した結果を提示すること」は承っておりません。

※弊社のソフト事業部が提供しているKENSHIRO-225ソフトは、ご利用契約者に対して売買ロジック登録数ゼロの状態でご提供するものであり、お客様自身が判断して登録した売買ロジックの条件に基づいた検証結果及び過去と、【未来について】の具体的な売買指示(売買サイン)を表示するものです。

 回答できないご質問(例)

校長ブログの内容に関する質問は、こちらのサポートでは受け付けておりません。
校長ブログへコメントにてご質問いただき、
村居からの回答をお待ちくださるよう、お願いいたします。

村居(校長)が採用しているロジックは、
講座でお伝えしている戦略の作成手順を基に完成させたものですが、

検証する際に採用する数値については、ご利用頂く方の判断基準によって違いがあります。

動画講座、テンプレート等で採用している数値は、
あくまでも解説用として講座用ソフトを使用して出た結果を基に採用した数値であり、

村居自身も、必ず正規版のKENSHIRO-225ソフトにて、
直近のデータをもとに再検証し、数値や条件を調整したロジックを採用しています。
(この数値は公開していません)

同じ手順で完成させたロジックであっても、
採用する値によっては同じタイミングで条件に合致しないことはあり得ますので、
戦略を採用している全員が、必ずしも同じタイミングでサインが出るとは限りません。


上記を踏まえたうえで、次のようなご質問がある場合、
以下の回答をご参照ください。

1)サインが出ないのが不具合だと思われる場合
 以下の情報とともにお問い合わせください。不具合かどうかをお調べいたします。
※情報が不足している場合、お調べすることができないのでご協力をお願いいたします。

 ●該当の売買ロジックの検証画面のキャプチャ画像(売買条件がすべて含まれるようにしてください)
 ●サインが表示がおかしいと思われる日と、日経平均、225先物、ダウ平均など4本値に基づいた売買条件の計算結果

2)多数の売買ロジックを運用しているが、数日間全く売買サインが出ない場合

 このようなことは、マーケットの動きが乏しくなった時などには、特に起こりやすいです。

 例えば、売買ロジックを10種以上運用していても、1週間近く、全く売買サインが出ないことは、普通にあります。

 KENSHIROのサイン計算がおかしいと思われる場合、1)記載の情報を添えてお問い合わせください。

私がブログで公開しているフォワードテストの成績は、
日々の値動きをみながら、ブログで公開しているとおり売買ルールを修正しながらやっているものです。

ですので、これを目標にしていただくのはよろしいかと思いますが、
私と全く成績にすることをゴールにせず、ご自身で使えると思うレベルに売買ロジックを作り上げることを、ゴールにして頂けるのが良いかと思います。

まずは、教材でご紹介している「手順通りに」、1つ1つのフィルタの数値を見直してもらい、
目標としたい成績結果になるように修正していただくのが良いかと思います。

フィルタの見直し方については、動画もご用意してありますので、こちらをご参考ください。
https://toresen-plus.com/movies-free-gf

アイデア例)
 ・○○○のローソク足が、○○○○のパターンになったとき
 ・テクニカル○○○の値が、○○○○したとき

アイデアを基にどのように検証すればよいか、ついての情報提供は、弊社では教材の販売を通じて行っておりますので、無料サポートで承ることは出来ません。

 回答できるご質問(例)

講座の内容に関するご質問となりますので、お答えできます。

KENSHIRO-225公式ページにて、解説動画がございます。
https://kenshiro-jp.com/

サイン表示の解説動画は、こちらの動画となります。
https://youtu.be/dQ7B-BtBP44

検証につかったKENSHIROと検証期間が・・・

1.【講座版】KENSHIRO
 A)教材内で使っているデータと【同じ】検証期間
  ⇒ご質問にお答えできます。
 B)教材内で使っているデータと【違う】検証期間
  ⇒有料にてサポートを承ります。料金はお問い合わせください。

2.【正規版】KENSHIRO
 ⇒検証期間に関係なく、ご質問にお答えすることはできません

1.【講座版】KENSHIRO
 A)教材内で使っているデータと【同じ】検証期間の場合
  ⇒ご質問にお答えできます。
 B)教材内で使っているデータと【違う】検証期間の場合
  ⇒有料にてサポートを承ります。料金はお問い合わせください。

2.【正規版】KENSHIRO
 ⇒検証期間に関係なく、ご質問にお答えすることはできません

 よくあるご相談

場中の値動きによる含み益・含み損や、取引のたびに発生する損益の大きさを、
耐えられないくらいの枚数を取引してしまっているかもしれません。

ご自身が許容できるリスクを超えたポジション量を持ってしまっている可能性が高いです。

運用資金の大小に関係なく、
まずはご自身が、1回1回の損益に動揺せずに運用をし続けられるポジション量を把握して、
それで運用することが
システムトレードを継続していくために重要になりますので、

まずは最初の基準として、ポジションを持っている最中に、
そのことを忘れてほかのことに集中できるくらいのポジション量で、
運用して改善できるかを試してみるとよいでしょう。

それができたら、資金管理全体の最大ドローダウン・最大リスクの金額も踏まえながら、
徐々にポジション量を増やしていき、
大きなリスクが取れるように慣らしていくようにしましょう。

最初に、以下の記事を一通り確認してみてください。

■村居ブログ「売買ロジック修正・変更・運用方針」の記事一覧
https://ameblo.jp/blog-murai/theme-10112347835.html

ここには、村居がフォワードテスト中に売買ロジックに修正を加えたときの考え方と、
その履歴がまとめてあります

ご自身でまだ見直しされていない項目が見つかった場合、
参考にして、
同じように見直し・改善できないかを検証してみるとよいでしょう。

上記をご確認されたうえで、
なお問題があるように思われる場合は、以下をご確認ください。


1)売買ロジックが最大ドローダウンを更新してしまった場合

 マーケットの変化により、売買ロジックの優位性が失われていないかどうか、
 すべての売買条件フィルタを再検証して確認し、
 改善できるかを検討してみると良いでしょう。

 フィルタの見直し方については、こちらの動画をご参考ください。
 https://toresen-plus.com/movies-free-gf


2)売買ロジックが最大ドローダウンを更新していない場合

 優位性に基づく売買ロジックであっても、
 得意なマーケット状況が来たときに大きく利益を伸ばし、
 苦手なマーケット状況がくると利益が出ない時期が続く、ということは至って通常です。

 マーケットは常に循環していますので、
 単月で利益が出なくても、
 半年から1年の期間で、トータルで利益が出るかによって、
 優位性が失われたかどうかを判断するのが良いでしょう。

以下の原因が考えられます。

1)優位性のある売買ロジック数が少ないために、取引のチャンスが少ない

 運用資金が十分にある方は、優位性のある売買ロジック数を増やして、
 様々なマーケット状況を得意とする売買ロジックを組みわせ同時運用することを目指すとよいでしょう。

 こうすることで、互いのロジックがドローダウンの時期を補い合い、
 安定した利益曲線にしながら総合利益を伸ばすことができます。

 講座視聴ページからご案内しております「資金管理サンプル」をご覧になり、
 検討しみるとよいでしょう。


2)運用資金が少なすぎて枚数を増やすことができず、1回あたりの損益が少ない

 この場合は、運用資金を増やしていくことが重要です。
 毎月の収入から運用資金を少しずつ積み立て、増やしていくことを考えましょう。

 よくあるご質問

 ※別ページが開きます。

その他ご質問は下記のフォームよりお送りください

頂きましたご質問を確認し、2営業日以内にご入力頂いたメールアドレス宛にご返信致します。

は入力必須です。

お名前
メールアドレス
▼確認用
お問合せ内容
お問合せ詳細
タイトルとURLをコピーしました